その他背景画像
ゲームを使った「最新版」お金の授業
ゲームを使った「最新版」お金の授業
  • 教育業界に「ゲーム」の波が本格到来かっ!?

    みなさんこんにちは。

    ファミコン世代の国枝です。

    さて今日は、日本地理の勉強になると人気の

    桃鉄(桃太郎電鉄)が

    本格的に教育業界に登場するぞ、という話題をお届けします。

     

    40代の私は小学生の時にファミコン(ファミリーコンピューター)が登場し

    御多分に洩れずファミコンにハマり、友達と遊びまくったのですが

    この桃鉄も大好きなソフトの1つです。

    最近も、ファミコン所有者のホームパーティに呼ばれた時に

    所有ソフトのラインナップに桃鉄を見つけ、テンション爆上がりで

    みんなで桃鉄バトルを楽しんじゃったんですが

    30代40代は桃鉄世代と言ってもいいぐらい、

    一度はやったことがある人が多いんじゃないでしょうか。

     

    桃鉄は、鉄道会社の社長となり、日本全国の駅をめぐりながら目的地を目指し

    到着する土地土地の物件を購入し大富豪を目指す、そんなゲームですが

    「一人でやるより、みんなとやった方が断然楽しい!」というイベントや仕掛けが

    色々と盛り込まれているため

    桃鉄を思い出す時は、友達と一緒にプレイしているシーンごと頭に浮かぶ、

    そんなゲームです。

     

    それがなんと教育版となり、学校関係者には無償提供される、とのこと。

    コナミグループ株式会社(以下KONAMI)ホームページ https://www.konami.com/games/momotetsu/education/

    (KONAMIホームページより)

    具体的な期日は未定のようですが今冬サービス開始予定とのことで

    2022年の12月に、教育関係者向けのお披露目セミナーも開催されました。

     

    気になっていたのはボンビー(貧乏神)ですが

    流石に教育版では出てこないようです。

    (KONAMIホームページより)

    教育版では(というか通常版でもこの機能があるのか覚えてないのですが)、

    地域を絞ってプレイすることができるみたいなので

    短い授業時間に、自分の住む地域の知識を高めることができていいですね。

    (KONAMIホームページより)

    ただ、プレイ地域が絞られれば他のプレイヤーが常に近くにいる状態が作れるので

    貧乏神がいた方が盛り上がりそうに思うので、貧乏神不在はちょっと残念ですが、

    まあ教育コンテンツとして考えれば当然ですね。

     

    我々FPalも教育×ゲーム(ゲーミフィケーション)の重要性を理解し

    カードゲームを使ったお金の教育を行っているので

    今回のニュースのような教育にゲームを取り入れる流れが浸透し

    当たり前になっていくと嬉しいなと思っています。

     

    我々のGトレ https://fpal.jp/for-school/ も楽しく学べる教育系ゲームとして

    認知が広がるよう、頑張っていきたいと思います!

     

     

お問い合わせはLINE・メールにて

「Gトレ」は、ゲーミフィケーションを応用した
アクティブラーニング型のゲーム研修です。

ゲーム中心の研修のため、

・誰でも参加しやすく、
・楽しみながら、自ら気付き、
・学びが深く、記憶の定着率が高い

ことが特徴です。

ご興味のある方は、気軽にお問合せください。
オンライン面談やご訪問も可能です。